羽ばたくコーデ

高校1年生に向けての講演に着て行ったのは、「雪原の夜明け」と名付けた紬(いまのいろskala)に、鳥の名古屋帯。この帯は、わたしの大好きな新川和枝さんの詩「わたしを束ねないで」の一節を絵にし、それを藤井絞さんで絞ってもらったものです。帯締めと帯揚げは和小物さくらさんのもの。

みんなが未来に向かって健やかに羽ばたけるように、祈りを込めたコーデです。北村山高の1年生は聞く姿勢も挨拶も素晴らしかったです。先生でも保護者でもない大人の話がどこまで染み込むかわからないけれど、わたしの話を真面目に聞いてくれてありがとう。

このあといったん帰宅して帯を替え、富山に向かいました。

10/9、10は富山市の秋吉屋さんにいまーす(^^)

 

大好きな女優さんの訃報

中学生と赤ちゃんを遺して、逝ってはならんよ。

大好きな女優さんだったので残念でなりません。

今日そういうわたしですが、過去に黒い歴史があります。そういう状態になったら、希死念慮というものは、お風呂場のカビみたいに、こびりついて取れない。鬱は心の病気じゃなく、脳の病気です。心療内科に行って、薬を飲んだらお風呂場のカビみたいなものも消えていきます。

卵白を泡立ててから卵黄と生クリームを入れてふわとろに焼いて作ったオムライスに、娘がケチャップで文字を入れてくれました。あのとき死んでいたら、こんな瞬間もなかったわけで。

いいですかこれを読んだ皆さん、わたし最近変だな、とか、あの人この頃変かもと思ったら、迷わず心療内科へ。

浴衣の楽しみ方

一反の反物から娘の四つ身とわたしの帯を作ったのはほんの数年前。洋服でのペアはしたことはありませんが、浴衣のペアは何回もしました。
娘には「浴衣は汚しても洗濯したらきれいになるから、あんまり気にしないでいいからね」と言い、食べたり遊んだり、とにかく楽しむことが大事と教えてきました。

四つ身は4、5歳から小学4、5年生まで着られます。我が家では夏の間中、取っ替え引っ替えして7年近くも楽しめました。(久々に出したので皺々でごめんなさい)
わたしは数年前に浴衣2反を買い、四つ身2着とリバーシブル京袋帯1本を作りました。こういう母娘ペアもアリです。

というわけで何が言いたいかと言うと!
派手だったり可愛すぎたりするけど好き!!!っていう反物は、子どもや孫や姪っ子とペアにするか、いっそ帯にしちゃいましょうってことです。

以前一目惚れした反物を3人で分けて、それぞれ夏帯にしたことがありました。浴衣の反物だからって、浴衣にしなきゃいけないってことはないと思うんですよね。

まだまだ夏で、でももうすぐ秋で、素敵な反物がセールになっていたりするなら、狙いどきだったりするんじゃないかしら。という囁きでした。

新学期初日はお弁当デー

細かく刻んだ胡瓜と青紫蘇と白ごま入りの酢飯が入ったいなり寿司、しらすとネギ入りの出汁巻き卵、生姜を効かせた牛肉と牛蒡の煮物、硬いけど甘い桃。仕切りに青紫蘇と軽く塩をした胡瓜。
夏休みが明けて登校日!給食は明日からなので、今日はお弁当です。次男は冷たい麦茶、娘は冷たい紅茶を持って行きました。

帰宅した次男にどれが美味しかったか聞いたら「桃」ですって……。将来のパートナーのためにも、全部って言うといいんだよ、って教えるべきでしょうかねぇ。

お墓参りは浴衣で

‪お墓参りに行くよーと声をかけたら、中1の娘、自分で浴衣を着て半幅帯を締めて、お墓参りセットを持って準備完了していました。「お母さんのこの半幅帯が合いそうだなーと思って狙っていた」とのこと。あら!お目が高い。藤井絞さんの半幅帯です。ゆかたは、以前あづまやさんに伺ったときに見繕ったもの。本裁ち四つ身です。
文庫も上手で着丈のバランスもきれいで素晴らしい!と褒めました。

今年のお盆

ザンブリとお墓で水しぶきが上がりました。ずいぶんと大胆な。ご先祖様お背中お流しします状態。長男が仕切って、子どもたち3人でお墓のお掃除をしてくれました。わたしは運転手兼監督。会ったことのない子どもたちの曽祖父と曽祖母ですが、わたしたちを見守ってくれている気がします。

仏壇には、次男が作った胡瓜の精霊馬と、娘が作った茄子の精霊牛。胡瓜大好きな犬が狙っています。お盆ですね。今年は東京の姪っ子の姿がなく、なんだか静かで寂しいお盆です。

浴衣は夏服のひとつ

7年前、地元の動物園で行われた「夜の動物園」に浴衣でGO!娘にとっては、下駄でジャングルジムも浴衣ですべり台も日常でした。袖が長いので袖を後ろで結び、自由に遊ばせていました。汚したら洗濯すればいい。浴衣は木綿のワンピースと同じ感覚。お祭りは無くても、夏服として楽しみたいです。

今覚えたい手話はなんだろう

今、「聲の形」が放送されていますね。これすごくいいです。当時子どもたちと映画館で見たのですが、見終わったとき、尊すぎて粉になるかと思いました。自分自身が砕けて粉になるような錯覚に陥ったのは、これが初めての経験でした。

以前、サイン会かイベントか何かに、耳の聞こえないファンの方が来てくださると知って、その日まで「いつも応援してくれてありがとうございます。今日は会えて嬉しいです」という手話だけ何回も練習しました。それしか知らないしできないんだけど、喜んでくれた彼女の笑顔は今も鮮明です。

最近「お子さん頑張ってますね!」を手話で言いたくて、「手話、アプリ」で検索してダウンロードしたものの、思ってたのと違いすぎてショックを受けています。ネットのニュースで見た大分の小学校の給食の時間にわたしも混ざりたくなりました。沖縄県知事のデニーさんみたいに「今日はよろしく」とか、最低限の挨拶程度の手話は覚えたいな。

今回覚えるべき手話はなんだろう。
LINEや手書きのメモじゃ間に合わない、今すぐ伝えなきゃいけないときのための、必要最低限の手話。あと挨拶。
これから先、試合中に子どもを一緒に応援していて、目が離せない一瞬でも、「今のいいね!」とか「あぁ惜しい!」とかの感情を共有したいんです。

藍染めの剣道着(新品)の扱い方

この連休に、娘の新品の藍染の剣道着の色止め作業をしました。酢で色止めするといいと武道具屋さんに教えてもらったので、酢水に3時間つけてから、すすいで手で絞って陰干し。ところが、すすいでもすすいでもナス漬けか!というくらい色が出て、手も床も真っ青。風呂場でやらず台所か外でやるべきと反省しました。

これは大変な作業すぎる!同学年の保護者たちに知らせておかねば!と慌てて携帯で写真を撮ろうとして、被害は拡大し、iPhoneのコードが藍染めになりました。ここで「そういえば藍染めの専門家が米沢にいるじゃないか!」と諏訪豪一君を思い出して相談のメールを送りました。彼によると藍の色止めには酢よりも重曹なんだそうです。

2回目は重曹を溶かした水で3時間つけ置き、すすいで手で絞って干しました。

手についた藍は石鹸で落ちますが、浴室の床が藍で染まった場合も重曹!熱湯で作った重曹液だと落ちやすいとのこと。ちなみにiPhoneのコードは「藍染めのプレミアムコードとしてお使いいただくか、ラッピングテープなどを巻く事をお勧め致します」ですって。はい!わたしのコードは藍染めプレミアムコード!!いい響きw

藍染めの道着の扱いは最初大変なんですが、防菌効果があるのか汗をかいてもあまり臭わないんですよね。長男と次男はわたしのお下がりの道着だったので肌が青く染まる経験がありません。次男に絞らせ長男に干させたら「うわ!何これ手がめっちゃ青くなるじゃん!」お下がりのありがたさを知ったようでした。

娘が作ったオムライス

せめて19時までにはイラストを送りたいのよ〜!!と焦るわたし、になることは予想できていたので、前日から娘に夕飯作成を頼んでおいたのでした。
買い物に行く?と聞いたら「大丈夫!あるものでなんとかする」という頼もしい返事。

娘に聞いたところ、人参とハムをバターで炒めて、残りご飯を入れてケチャップで味付けしてお皿に盛っておき、溶き卵にスライスチーズを入れて半熟に焼いてケチャップごはんの上に乗せ、ケチャップでハートを描いたそうです。畑のオクラとトマト、ハム入りのスクランブルエッグを添えてくれました。冷たい紅茶をマグカップに注いで、デザートには桃が出てきました。

ぽりぽりいう人参があったけど、オムライス&スクランブルエッグという組み合わせも不思議ではあるけど、桃は皮つきだったけど、もう十分すぎるほど美味しかったです。