お雛様を出しました

  

お雛様(吊るし雛)を出して力尽きましたが、緋毛氈は敷かなければ。山形では「傘福」と言います。
娘が生まれた年に7本の状態でスタート、毎年1本ずつ作って足していき、12本になったところでストップ。一番下の魔除の赤い三角にうさぎを付けた年や、山形らしく花笠に挑戦した年もありました。

毎年お雛様を出すたびに見ないフリをしてしまう「捕らえられ、ぐったりとした白鳥」ですが、今年から「いっぱい食べて眠くなった白鳥」と思うことにしました。おかしいなぁ。本の通りに作ったはずだったんだけどなぁ。

立春コーデ

‪「春待ち紬」と勝手に名付けた灰桜色の無地の結城紬(龍田屋)に、染め名古屋帯(多ち花)。本日は正統派きものコーデ(当社比w)でお出かけです!

帯締め(和小物さくらの小桜組)はリバーシブルなので、気分で紺にも淡い水色にもできますが、今日は立春なので、春らしく淡い水色のほうを選んでみました。‬

詐欺サイトにご注意ください!その2

夕方アクセスできなくなってたはずなのに、もう湧いてる。

Q &Aのところに「これは輸入品です」って書いてありました。日本のきものや帯、和装小物なのに!!「なぜ安いんですか?」の問いに「海外から直接現金で買い付けているからです」って!!アホか!!!!!逆輸入か!!!

詐欺サイトにご注意ください!

詐欺サイト、前にもありましたが、きくちいまオリジナル委員会の麻襦袢「彩夏」は、オリジナル委員会に入っているお店以外は取り扱いができません。怪しいな、と思ったら疑ってください。カード決済したのに送られてこない詐欺があるそうですが、絶対に許せないです。激安という言葉に騙されないで!

きものに限らず、時計やブランドのバッグなども多いそうです。激安をうたっていて、商品の写真や説明文は他のサイトから丸パクリ。

あの有名なブランドのものがこの価格!?と買い物カゴに入れて、カード決済しても、待てど暮らせど送られては来ません。

今日見たサイトは、代表者が日本人の名前で本社の住所も日本でしたが、写真も説明文もよく知ったサイトからの盗用でした。夕方にはそのサイトにアクセスできなくなっていました。

湧いては消え湧いては消える詐欺サイト。誰かが被害に遭っていないことを願うばかりです。

日本伝統工芸展へ

‪母からもらった紬にskalaの名古屋帯をして、日本伝統工芸展に行ってきました。艶やかな漆やダイナミックな器、面白い窯や手の込んだ織物などが入場無料で見られます。江戸小紋の重要無形文化財保持者だった小宮康孝さんの遺作の前には小さな黒いリボンが置かれていました。

日本工芸会奨励賞の「雨上がり」(菅原髙幸:岩手県一関市)は、朝のブナ林の情景が友禅になった訪問着。武蔵大学の丸山伸彦先生から「潤いを含んだ空間の広がりを見事に捉えた、友禅染の新境地を示す快作である」とのコメントが添えられている!!うわぁ!ますます素敵!丸山先生に会いたくなりました。

‪日本伝統工芸展は、仙台三越で1/23から29まで。‬このあと博多に移動するようです。

初、札幌!!!

きくちいま初札幌です!!寒いのかな、足元はどうしようかな、何着て行こうかな(^^)ウキウキしています。

1/26(土)27(日)、札幌の狸小路にある島屋さんに伺います。1/26は午後に1回、1/27は午前午後それぞれ1回トークをすることになっています。予約制のようですので、お問い合わせは島屋さん011-251-3758へどうぞ〜!

娘と初こころみのもち

試餅(こころみのもち)をいただいたので、娘とふたりで茶室に入り、お濃茶を点てました。本当はお濃茶のときはあんまりおしゃべりしちゃいけないんだけど「えーっと、袱紗はこっちに置いて、蓋をしめる」と声に出しながらお点前するわたしと「お餅の味噌が美味しい〜何これ最高〜」と大喜びの娘でした。

仕覆の緒が長〜い「長緒」です。裂地はいちご錦。

茶杓の銘は「臘月」。蠟燭がみるみる溶けていくように忙しい、師走の別名です。