山形空港上空の雪景色

大きく旋回したときに、山形空港が見えました。夕焼けと雪景色。華やかな表具で作った水墨画の掛け軸みたいです。2月1日夕方の光景。太陽の光があると、雪景色にも彩りが生まれます。

白群色の景色

‪雪の合間のこんな晴れた日は霧が発生します。さっきまで濃霧で視界が悪かったんですが、やっと川沿いに残るだけになってきました。マイナス6度。雪がきらきら光って、影になった部分の色が紫っぽく見える自慢の雪景色、ご案内したいです。つくづく雪は白というより白群色(びゃくぐんいろ)と思います。‬

弟のお仕事

ゆうべコンビニで買って来たら、今日は弟から箱で届きました。個人的にカルピスは濃いめが好きです。弟が描いたイラストに「おじちゃんすごいね!」と子どもたちも誇らしげ。家族みんながなんとなく和む夜です。

もうすぐ眠る道

子どもたちを乗せてそろばん教室に向かう近道です。夏は窓を全開にして走ると、風が最高に気持ちいいの。子どもたちによると、そろばん教室の帰り道、自転車で坂を下るときの景色が最高なんだそうです。いよいよ雪が本格的になったら、ここはもう通れません。道は静かに静かに、雪の中で春を待ちます。

ハロウィン柿

‪ハロウィン柿、名前ペンで描きました。

この後、しばらく仏壇に飾ったあと、皮を剥いていただく予定です。クリスマス同様に宗教観が入り乱れていますが、うちのご先祖様たちは、黒いビニールをマントにした魔女のひ孫がカンカーンと鐘を鳴らして手を合わせる姿に、目を細めているだけだと思います。‬

なぜか虎娘

‪頭に虎をのせて宿題する娘。なんで頭にのせてるの?と聞いたところ、「なんか落ち着くから」……ふぅ〜ん……。‬

虎娘から「お母さんがお風呂に入って出るのと、わたしの宿題が終わるの、どっちが早いか競争しよう」と戦いを挑まれたので、ゆっくり入っていたら、勝負に負けてしまいました(^^)

大人になるって楽しいよ

‪指の先まで麗しい友人と、久々に会っておしゃべりしました。子どもの頃は知らなかったな、大人になってできた友のよさ。年齢や職業が違っても、なんだかどことなく体感温度が同じ、という心地よさ。もし今友達がいないと嘆く子がいたら、教えてあげたい。大人になるって楽しいよ。‬

お気に入りのカフェ

‪「お母さん、遊園地で何が好き?」‬
‪「……ベンチだな」‬
‪「遊ぶとこで!」‬
‪「レストラン」‬
‪「ちがう〜!」‬
‪「アイス売ってるとこ」‬
‪「もう〜!じゃお化け屋敷は?」‬
‪「お化けよりも変な人とか熊のほうが怖い」‬
‪という会話を娘として、自分の夏の疲れを認識しました。ノリの悪い母でごめん。‬

子どもが学校に行ってる間に、ひとりカフェしてきました。

ケーキ盛り合わせ!たまの贅沢、自分にご褒美です。

この夏に手に入れた、ウフフな箒とちりとり

‪この夏のウフフなお買い物は、白木屋伝兵衛の、傘のような持ち手が特徴の「掛け無精ほうき」という座敷箒と、和紙に柿渋を塗った「ひもはりみ」というちりとりのセット。ちょっとした部屋のまわりや階段の掃除が楽しくなりました。わざわざ掃除機を出さなくてもいいし、掃いたときの音も嬉しい。‬