そんな季節

数年前の大雪の朝、電車は大幅に遅延し、始発の新幹線が先に出ることに。その日は私立高校の受験日。JRの特別な図らいで、山形新幹線が無人駅も含めて各駅に停車、まさかの事態で緊張顔の受験生たちを大勢乗せて運びました。頑張れよ、大丈夫だよ、って乗客たちも知らない子たちに声をかけて励ましていました。

子どもたちのために!というフル回転な感じがすごくあたたかくて、感動しながら新幹線に乗っていました。あの光景は忘れられないな。

先月、銀行窓口から子どもの受験料を振り込んだら、係の人から「頑張ってくださいね」と励まされました。「ありがとうございます。美味しいご飯でサポートします!」と言ったら「それが一番です!」ってガッツポーズとともに返してくれました。大人が、顔も知らない子どもを密かに応援する季節がやってきています。

3世代目

初釜に娘が着たきものは、わたしの母が二十歳のときに着た胡蝶蘭の訪問着です。わたしも二十歳のときに着ました。今日で3世代着たことになります。
きものの命の長さにしみじみしています。
実は、今日は母が片目を失明してちょうど一年。母に思い出のきものを着ている孫娘の姿を見せてあげたかったんです。娘は「おばあちゃんが喜ぶために」と「孫娘の役割」に協力してくれました。いつもは好きなものを好きなように着る娘ですが、フォーマルの心得は身についているようです。

大津波警報!?!?

仙台空港に向かう高速道路で、運転中にスマホからアラート音が鳴り響き、なんと大津波警報!!!ちょうど「もしも今津波が来たら、高速道路にいたら大丈夫なのかなぁ」と考えながら運転していたんです。見渡す景色はかつて集落があったはずなのに切ないほど平らで、あの日のことを思い出していたタイミングだっただけに「大津波」の文字に驚きながら、ちらっと見えた「訓練」という2文字に安堵しました。でも、いつ来るかわからないのが地震津波。

仙台市民は今日防災訓練と知っているから驚かない、大津波警報ならここはアウト、空港内のビルに垂直避難と仙台空港の駐車場のおじさんが逃げ方を教えてくれました。

はーびっくりした。
札幌に向かいます!

甲子園見て泣いてます

茨城県代表の霞ヶ浦高校を全力で応援しています!

友達が生きていたら、みんなで甲子園に行っただろうなぁ。あのとき3ヶ月の赤ちゃんと2歳の子残して心筋梗塞だった。あのときの赤ちゃんが甲子園にいるよ。泣けてしょうがない。

甲子園に出てる子みんなにドラマがあるだろう。甲子園目指した子にもドラマがあるだろう。野球じゃなくても同じ。一生懸命何かをする子たち、みんなみんな、誰かの大事な子たち。知ってる子も知らない子も、がんばれ!今生きていることを謳歌してください。心から応援しています。

詐欺サイトにご注意ください!その2

夕方アクセスできなくなってたはずなのに、もう湧いてる。

Q &Aのところに「これは輸入品です」って書いてありました。日本のきものや帯、和装小物なのに!!「なぜ安いんですか?」の問いに「海外から直接現金で買い付けているからです」って!!アホか!!!!!逆輸入か!!!

雪だるまの長襦袢

この襦袢を着ると、いよいよ雪が降る感じがします。

日帰りで東京でした。東京の日中は寒冷地仕様のわたしには暑くて、麻襦袢でもいいかなと思うくらい。それでも季節は確実に冬へ。

タイヤも交換しなくちゃ。