羽ばたくコーデ

高校1年生に向けての講演に着て行ったのは、「雪原の夜明け」と名付けた紬(いまのいろskala)に、鳥の名古屋帯。この帯は、わたしの大好きな新川和枝さんの詩「わたしを束ねないで」の一節を絵にし、それを藤井絞さんで絞ってもらったものです。帯締めと帯揚げは和小物さくらさんのもの。

みんなが未来に向かって健やかに羽ばたけるように、祈りを込めたコーデです。北村山高の1年生は聞く姿勢も挨拶も素晴らしかったです。先生でも保護者でもない大人の話がどこまで染み込むかわからないけれど、わたしの話を真面目に聞いてくれてありがとう。

このあといったん帰宅して帯を替え、富山に向かいました。

10/9、10は富山市の秋吉屋さんにいまーす(^^)

 

地元のカフェでお話し会

昨日は地元のカフェ(スタジオリンネさん)でお話し会でした。単衣のお召に半幅帯、小物に黄色やオレンジを用いて大人のハロウィンっぽく。帯揚げにしているのは、実はなんちゃって帯揚げ。小千谷縮のはぎれで作ったあずま袋です。細長く畳んで隙間にイン!それっぽくなりました。(総入れ歯式とも言うw)

きものはいまのいろskalaのお召「遊び市松」きくちいまデザイン。スーツみたいなきものを作りたくて、イギリスから輸入した生地でテーラーをしている友人のところで一日修行をさせてもらい、柄の大きさやピッチを学んで作ったものです。
黄色い麻襦袢「彩加」にぺたこさんの刺繍半衿をつけてあります。ウニ?って聞かれたけど栗です!半幅帯は以前一目惚れして買ったもの。帯留めは大事な友人と久しぶりに再会したときにプレゼントしてもらった宝物です。

楽しくおしゃべりをしてからの美味しいランチ!いい時間でした。

銀座の蔦屋書店さんにて

10/25(金)の夜、銀座の蔦屋書店さんにて日本文化担当コンシェルジュの佐藤昇一さんと対談形式のトークイベントをしました。夕方まで雨でしたのに、たくさんお集りくださってありがたい限りです。新刊「東京着物さんぽ」を持って記念写真(^^)新刊の中にも佐藤さんが登場しています。

実は新刊用にSNSでコーデの募集をしたところ、数日で150名もの方々から、設けた期日までにはなんと延にして2000近くものコーデが集まりました。その数になんつ〜ことを思いついてしまったんだと一瞬後悔もしましたが、皆さんのコーデがそれぞれ素敵で、描くのがとてもとても楽しかったです。1枚ずつ印刷していては大変なので、小さく並べてまとめて印刷して、切って「この場所にはこれ」と選んでいったのですが、扇風機の風で飛んで座布団の下から出てきたものもありました。今回残念ながら選考に漏れてしまった皆さんには大変申し訳ないですが、次の機会(あるといいな)にご応募ください!

ちなみに本の中にうちの犬クーさんもこっそり登場しています。

銀座の蔦屋書店でイベントします!

10月25日、金曜日の夜に銀座の蔦屋書店さんで新刊発売記念のトークイベントをします。ドキドキ〜〜
ただいま絶賛サクラ募集中です!

銀座の蔦屋書店さんは、日本文化専門のコンシェルジュがいるんですよ。新刊にもイラストで登場しています。このたびはそのコンシェルジュ佐藤さんと対談です。一体どんなトークイベントになるやら、楽しみです。

お時間ある方、ぜひお越しくださいませ〜

きものサローネin日本橋

告知!きものサローネin日本橋に伺います!10/5(土)、6(日)の13:00から特設ステージできくちいまトークイベントがあります。トーク終了後には数量限定で新刊のサイン会も!

今から何を着て行こうか迷い中です。透け素材のカーディガン風に紗羽織が着たいので、紗羽織からの逆コーデにしようかなぁ。

まさかのアイドル気分

‪姫路でのトークイベントにたくさんお集まりいただきました。中でもだるま屋呉服店の貴子さん御一行様がわざわざ応援うちわを作ってご参加くださってびっくり!なんだかアイドル気分…照れました。‬ありがとうございます!

姫路でトークします(^^)

6/22(土)23(日)、しらさぎ博・和コレクションという着物の展示販売会が、姫路のホテルサンシャイン青山で行われ「きくちいまのきもの生活のススメ」と題してトークします。

6/22(土)10時半/14時

6/23(日)10時半/13時半

入場には申し込みが必要です。問い合わせは三美会・内匠さんまで

a-takumi@seldia.co.jp

宮崎神宮前のいちはらさん

朝、緑濃い宮崎神宮にお詣りしてから、いちはらさんへ。

木立のにおいに癒されました。

宮崎の方々の安寧と、わたしの決意を心の中でお話ししてきた感じです。

明日もいちはらさんへ。いま流コーデを楽しんでくださるファンの皆様と、賑やかな交流をしています。なんだか女子高の放課後みたいでした!

イタリアの「キモノマニア」

「キモノマニア」のオープニングレセプションに行ってきました。イタリアのファッションデザイナーたちがきものを作るとこうなるのか!文化の融合って面白い!新鮮な驚きの連続です。衣服を楽しむ心と美意識は万国共通なのかもしれないなぁ。

3/8(金)〜14(木)11〜18時、イタリア文化会館(九段下)、入場無料です。

久しぶりの日帰り東京、最終新幹線で余韻に浸っています(^^)

今日のコーデは
縫いで一つ紋を入れた東雲格子(室町京正)、丹波屋の織名古屋帯と似たテイストのフランスのリボンを半衿にして、無地に絞りの帯揚げ(SACRA)でここはあえて色味を抑え、帯の色の雰囲気に合わせて紫の三分紐に小さく揺れる帯留め(TAMARU産)を。千鳥格子のコート(skala)。